離婚はネガティブな印象を植え付けられてます。個人個人がポジティブで前向きな行動と考えを共有していただきたい。

離婚の財産分与 争いになりがちな不動産の扱い

NAVI

離婚をポジティブに考えて前を進む

離婚はネガティブな印象を植え付ける行為です。しかしこれから再度人生をやり直そうという男女二人にやや後ろ向きなイメージを拭えません。なので頭を柔らかくして発想を転換し、離婚という行為をポジティブに捕らえて前に進めば品曲がったイメージを消せます。別れる時もお互い慰めあい、これからの人生について叱咤激励して気持ちよく別れることを日本全国の別れを今実行しようとしている男女に申し上げたいです。お互い未練たらたらなんて未来は暗いです。もし再婚してもそのパートナーに違和感を覚えて、未だに未練が残っていたら結局は破局を迎えます。スッキリと険しい顔をせずに笑顔で別れて、遺恨を残さない幸せな人生を別れた男女には歩んで欲しいです。

ただ離婚の内容や根本的な人間の性格によっては順風満帆に別れられません。ポジティブにいける内容は性格の不一致、セックスレス、家庭内のすれ違いです。ネガティブにいける内容は不倫、DV、借金、子供がいることです。子供がいればポジティブな内容でも子供にとっては両親の別れは心に傷を負うかもしれません。ポジティブ、さばさばしている人間の性格はとても前向きに物事を捕らえてくれるはずです。逆に嫉妬深い、短気、ネガティブな性格の人間とは円満な離婚の成立は困難になるものと覚悟して欲しいです。本人がポジティブに行動しようとも相手はネガティブに捕らえてしまうのでなかなか別れに踏み切れません。お互いがポジティブに考えることは難しく、だから後ろ向きなイメージなのでしょう。それでも個人個人の発想の切り替えからポジティブに行動していただきたいと世の中の男女には思っています。

Copyright (C)2017離婚の財産分与 争いになりがちな不動産の扱い.All rights reserved.