外国人の夫と夫の母国で結婚して日本で住むとき、離婚手続きは、今住んでいる日本の法律のもとで行います。

離婚の財産分与 争いになりがちな不動産の扱い

NAVI

外国人の夫と夫の母国で結婚して日本で住み離婚するとき

それぞれの国には、それぞれの決まりがあります。法律が定められているのです。一つの国に一つの法律のこともあれば、連邦国や合衆国などになると、地域や州によって法律が決められていることがあります。その州の法律に従うなどがあり、ややこしくなることもあります。その国の問題であれば、その国の法律を使えばよいのですが、二国以上が関連する問題などにおいては、どちらの法律を適用すればよいかわからないことがあるでしょう。

外国人の夫と日本人の妻が、外国人の母国で結婚をしました。結婚のみ外国で行い、その後日本に移住して夫婦で住んでいます。あるとき、この夫婦が離婚することになりました。夫からすると、外国に帰って手続きをしないといけないと思っているようです。ややこしい手続きが必要とのことでした。日本であれば、協議なら自分たちだけで行えますし、調停をするにしても、裁判に比べれば簡単な手続きで行うことができます。外国に行くのは大変です。

以前は、夫の国の法律を優先する時代もあったようです。しかし、両性の平等に基づく法律に変更されつつあります。多くの国においては、夫婦の常居所地方で手続きをするようになっています。アメリカと日本人が結婚をして韓国に長らく住んでいるなら、韓国の法律を適用するなどです。今回なら日本に長く住んでいるので、日本の決まりで行うことができます。協議で行うこともできますし、調停や裁判も日本の方法で行うようにします。

Copyright (C)2017離婚の財産分与 争いになりがちな不動産の扱い.All rights reserved.